加齢黄斑変性の本当の原因は

【加齢黄斑変性の本当の原因は】

ある調査では、50歳以上の住民の加齢黄斑変性の発症率は0.87%でした。
内訳は滲出型が0.67%、萎縮型が0.2%で、女性よりは男性に多くなっています。
2002年、2004年の心身障害者手帳の取得原因の4位は黄斑変性ですが、その多くは加齢黄斑変性です。
滲出型は欧米では中途失明の2位を占め、大きな問題になっています。
加齢黄斑変性は老齢人口が増えるわが国でも、今後、大きな問題になると考えられます。
就業時間内はパソコンのブルライトにされされ、スマホ・液晶テレビなどのブルーライトはすくならずとも、目に大変なストレスを与え続けています。
この日常の生活は徐々に加齢黄斑変性症予備軍になっています。
遺伝性よりもその多くの原因は生活償還にあるようです。

【】
【加齢黄斑変性を予防できないでしょうか】
日常生活では、危険因子をなるべく取り除くことが大切です。なかでも喫煙は、たくさんの研究で明らかになっている確実な危険因子です。喫煙は、血液中にある酸化ストレスを抑える物質を壊します。禁煙しましょう(ただし禁煙の効果が出るには10年くらいかかるという報告もあります)。両眼になることが多い病気なので、比較的若い片眼の滲出型の人や、両眼に加齢黄斑変性の前段階所見のある人はすぐに禁煙しましょう。
太陽光のなかの青色光によって視細胞が酸化し傷むことが、黄斑の老化に関係するといわれています。太陽の光は避けるようにしましょう。屋外では帽子をかぶり、サングラスをかけましょう。
予防効果のある食品には、ビタミンA、C、E、などの抗酸化ビタミン、ルティン、などのカロテノイド、亜鉛などの抗酸化ミネラル、ω-3多価不飽和脂肪酸などが知られています。これらを多く含む食品をとるようにしましょう。滲出型になりやすい前段階所見が黄斑にある人では、大量の抗酸化ビタミン、抗酸化ミネラルからなるサプリメントが滲出型の発病予防に有用だったというデータがあります。

加齢黄斑変性になりやすい目はあるのでしょうか
加齢黄斑変性の前段階所見としては、ドルーゼンと網膜色素上皮の色素ムラがあります。
ドルーゼンは網膜色素上皮細胞の下に溜まった「カス」に相当します。色素ムラは色素上皮細胞の機能が悪くなっていることを示しています。そのような所見がないかを診てもらうために、50歳を過ぎたら定期的に眼底検査を受けましょう。中心窩の場合は様子をみることもありますが、中心窩以外の新生血管では、早期発見、早期治療が大切です。

どうして加齢黄斑変性になるのですか
加齢黄斑変性には遺伝的要素がありますが、遺伝する力は弱く、責任遺伝子はまだはっきりわかっていません。遺伝的に加齢黄斑変性になりやすい体質の人が、発病に影響する環境のなかで長年過ごすと、病気が誘発されると考えられています。
危険因子には、喫煙、太陽光による酸化ストレス、食生活の偏りが挙げられています。

■加齢黄斑変性の予防
(1)禁煙
喫煙している人はしていない人に比べて加齢黄斑変性になる危険性が高いことが分かっています。喫煙している人には禁煙が勧められます。
(2)サプリメント
ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。加齢黄斑変性の発症が少なくなりますが、完全に抑えることはできません。加齢黄斑変性になっていない人にも勧められますが、一方の目に加齢黄斑変性が発症した人にはサプリメントの内服が強く勧められます。
(3)食事
緑黄色野菜はサプリメントと同様に加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。肉中心の食事より、魚中心の食事のほうがよいようです。
(2) たばこはやめる

世界中の多くの調査研究で、たばこが加齢黄斑変性の危険因子であることがわかっています。しかも15年以上禁煙を続けないと喫煙の悪影響がなくならないと言われますので、今すぐにでも禁煙したほうがよいと思われます。

(3) 亜鉛と抗酸化ビタミンを多めに摂る

アメリカで行われた調査研究で、加齢黄斑変性になりやすい黄斑所見のある人が亜鉛と抗酸化ビタミンを大量に摂ると、加齢黄斑変性の発病率が低くなることがわかりました。亜鉛が豊富な食材(カキなど)や新鮮な濃緑色野菜をなるべく多く食べるようにしましょう。また、ホウレン草やケールに含まれているルテインも有効ですし、青魚に多いω- 3脂肪酸もよいとされています。

(4) サングラスなどで日光から目を守る

強い光、とくに太陽光の中の青い光が網膜に当たると、網膜に有毒物質が溜まりやすくなります。サングラスやツバ付きの帽子で目を守りましょう。サングラスは、紫外線と青色光をカットするタイプを使ってください。



広告

加齢黄斑変性症の手術へ

そして1914年5月14日

大量出血の左眼球の血を取り除く手術へ

どのくらいかかったかは分からないが、終了。

これから1週間下向き(うつ伏せ)の治療へ

寝ているしかないわけで

こんなに大変な経験は初めて


トイレも食事も寝る時も下向き

なんでこんなに・・・・

眼底剥離の危険性があるということで

こうなってしまったわけ

 

1週間の下向き、うつぶせは想像を絶する。

【加齢黄斑変性症の治療】

脈絡膜新生血管の増殖を抑制。

視力改善・維持に良好な成績
その治療薬は、脈絡膜新生血管の成長を活性化するVEGFという物質の働きを抑えます。

この薬剤(VEGF抗体)を眼内に注射することにより、新生血管の増殖や成長を抑制したり進行をゆるめ、視力の改善や維持に良好な成績を上げています。

従来はPDT(光線力学的療法)といって、特定の光に反応する薬剤を体内に注入し、レーザーを当て新生血管を破壊する方法が主流でしたが、現在、「ルセンティス」や「アイリーア」などの薬剤が発売されており、この薬剤での治療が主流となっております。


加齢黄斑変性症の発症

2014年5月7日

朝起きたら左の視界に名に何やら大きな黒点

眼底からの大出血が始まったのだ。

行きつけの眼科に診察に

先生から告げられた病名は「加齢黄斑変性症」

左の視界が全くなくはならないが真っ赤になってきた。

14日左の視界がなくなった。

【黄斑変性症の原因】

加齢黄斑変性には「萎縮型」、「滲出型(しんしゅつがた)」の2種類があります。

「滲出型」では、網膜のすぐ下に新しい血管(新生血管)ができて、この血管が黄斑にダメージを与えます。新生血管は正常の網膜にはない血管で非常にもろく、成分が漏れ出て溜まる、あるいは出血を起こしやすいという特徴があります。この血管から出た液体が黄斑の組織にダメージを与えて、視覚障害を引き起こすのです。

加齢黄斑変性の見え方

加齢黄斑変性症の予防

喫煙習慣のある人は禁煙することです。

たばこを吸う習慣のある人は、吸わない人に比べて発病の危険が高くなることが分かっています。禁煙が予防の一歩となります。

食生活にも注意が必要です。

抗酸化ビタミンとあわせて、亜鉛を積極的にとることが予防につながることが分かっています。
ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどの抗酸化ビタミンが不足しないよう、緑黄色野菜中心とした野菜類や果物、豆類やナッツ類、ひまわり油やサフラワー油などをとるよう心がけましょう。
また、亜鉛はカキや魚介類に多く含まれています。
これらの栄養素が含まれているサプリメントを利用するのもよいでしょう。



 

加齢黄斑変性とその原因

加齢黄年齢を重ねると身体のいろいろなところで病気がでてくることがあります。加齢黄斑変性もその一つで、加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。加齢黄斑変性は一般には馴染みの薄い病名かもしれませんが、欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気です。日本では比較的少ないと考えられていましたが、人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しており、失明原因の第4位となっています。50歳以上の人の約1%にみられ、高齢になるほど多くみられます。比較的最近まで治療法がなかったのですが、最近いくつかの治療法が新たに開発されて、多くの患者さんで視力の維持や改善が得られるようになってきました。斑変性

■黄斑とは
網膜はカメラのフィルムに相当し、外からの光が瞳(瞳孔)、レンズ(水晶体)や目の中央部(硝子体)を通り、網膜に当たり光を感じます。網膜で光が電気信号に変換され脳に伝えられ「見える」のです(図1)。黄斑とは網膜の中心にある直径1.5mm~2mm程度の小さな部分の名称で、黄斑の中心は中心窩と呼ばれ、見ているところ(固視点)からの光が当たる部位です(図2)。黄斑にはキサントフィルという色素が豊富にあるために黄色をしています。カメラのフィルムと網膜では大きく異なることがあります。カメラのフィルムではどの部分でもよく写りますが、網膜は中心(黄斑)では大変良い視力が得られますが、それ以外のところでは正常の目でも十分良い視力は得られません。したがって、黄斑は大変小さな部分ですが、黄斑が障害されるとそれ以外に網膜に異常がなくても視力が著しく低下し、運転免許を更新したり、字を読むことができなくなったりします。網膜の下には網膜色素上皮という一層の細胞があり、その下に脈絡膜という血管に富んだ組織があります(図3)。網膜が正しく働くためには網膜の下にある網膜色素上皮やその下にある脈絡膜が正しく働く必要があり

■加齢黄斑変性とは
年齢を重ねるとともに網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積してきます。それにより直接あるいは間接的に黄斑部が障害される病気が加齢黄斑変性です。

■加齢黄斑変性の分類
加齢黄斑変性には大きく分けると萎縮型と滲出型の2つの種類があります。萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮していき、網膜が障害され視力が徐々に低下していく病気です(図4)。
滲出型は異常な血管(脈絡膜新生血管)が脈絡膜から網膜色素上皮の下あるいは網膜と網膜色素上皮の間に侵入して網膜が障害される病気です(図5)。異常な血管は正常の血管と異なり血液の成分を漏出させたり、血管が破れたりします。血液成分が漏出すると網膜が腫れたり(網膜浮腫)、網膜下に液体が溜まります(網膜下液)。そのために網膜が正しく働かなくなり視力が低下します。血管が破れると出血となり網膜を障害します。

ます。

■加齢黄斑変性の症状
(1)変視症
網膜の腫れや網膜の下に液体が溜まると網膜がゆがみます。ゆがんだフィルムで写すとゆがんで写るように、ゆがんだ網膜で見るとものがゆがんで見えます。黄斑部は障害されますが、周辺部は障害されていませんので、中心部はゆがんで見えますが、周辺部は正しく見えます



■加齢黄斑変性の予防
(1)禁煙
喫煙している人はしていない人に比べて加齢黄斑変性になる危険性が高いことが分かっています。喫煙している人には禁煙が勧められます。
(2)サプリメント
ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。加齢黄斑変性の発症が少なくなりますが、完全に抑えることはできません。加齢黄斑変性になっていない人にも勧められますが、一方の目に加齢黄斑変性が発症した人にはサプリメントの内服が強く勧められます。
(3)食事
緑黄色野菜はサプリメントと同様に加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。肉中心の食事より、魚中心の食事のほうがよいようです。


盛岡冷麺 宇宙エレベーター?

エ=ほんとうに????
NHKR2「カルチャーラジオ・科学と人間「宇宙エレベーター」
という放送がある・・・

まじめに研究されているんですね?
10万kmのエレベーターを

地球と宇宙の果て10万Km上の静止衛星から
ロープをつないで行ったり来たりする

真面目に研究されていのだそうです。

ず~と遠い未来には実現しているかもしれませんね。

足(脚)のむくみの原因

足(脚)のむくみの原因

足のむくみを取る方法を知る前に、まず足のむくみの原因を知っていきましょう。
足のむくみとは、足の皮膚の下に老廃物や水分がたまってしまっている状態だといわれています。では、なぜそもそも水分がたまってむくんでしまうのか、

それには以下の4つの原因が考えられるようです。

運動不足
足のむくみの原因二つ目は運動不足だといわれています。
日頃運動を取り入れていないと筋力が低下し、むくみを引き起こしやすくなると言われているのです。
また、デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっていると、ふくらはぎなどの筋肉のポンプ機能がうまく使われないことで、足がむくみやすくなることがあるようです。

生活習慣の乱れ

足のむくみの一つ目の原因は生活習慣の乱れだといわれています。
生活習慣が乱れは自律神経の乱れなどにつながり、むくみを引き起こす原因となることがあるといわれています。
足のむくみの原因は以下になります。

■塩分・糖分を多く摂る食事
■無理な食事制限を伴うダイエット
■睡眠不足
■キツい下着や洋服の着用

ホルモンバランスの乱れと足のむくみ

ホルモンバランスの乱れが足のむくみの原因の一つといわれています。
ホルモンバランスが変化することで、むくみを引き起こすこともあります。
妊娠中も同様、ホルモンバランスの影響でむくみやすくなると言われています。
他にもストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが乱れ、むくみにつながることもあるようです。

足のむくみは、病気のサインかも

むくみチェック
むくみは全身性か、左右片側だけか、局所性か
朝方からむくみがあるのか、夕方に強くなるのか
むくみは日ごとに強くなっているのか
押すとへこむか、へこまないか
体重の増加があるか

むくみから考えられる病気

1循環器系の病気
右心不全
軽度の場合は足が少しむくむ。
中程度になると頸静脈(けいじょうみゃく)が大きく膨らみ、
お腹が張った感じ、肝臓が腫れる。
食欲不振、吐き気など。
重症になると全身がむくみ、腹水が溜まる。
深部静脈血栓症
突然、足が腫れ、痛みや軽い熱のような感じをともなう。
立ち続けると足が赤紫色になったりむくんだりすることも多い。
長時間寝る、飛行機でじっとしている場合に起こりやすい

慢性静脈不全症
足のむくみ、腫れ、痛み、しこり、失神、色素沈着や潰瘍などいろいろな症状がある。

下肢静脈瘤
足の皮膚近くの静脈が蛇行したり、
瘤のように膨れた静脈瘤ができたりする。
立ち続けると足がむくみ、だるさを感じる。
症状が進むと皮膚に褐色の色素沈着、
その部分に湿疹、潰瘍が起きる。
肺性心
慢性の肺性心では身体を動かしたときの息切れ、
疲れや食欲低下、顔面や足などのむくみが現れ徐々に進行する。
急性の場合は突然の呼吸困難を発症し、
なかには血圧が低下して一時的に意識を失い、
突然死する場合がある。
リンパ浮腫
手術や放射線治療・抗がん剤治療などによって
リンパ液の流れが悪くなる。
流れが悪い場所では、リンパ液が過剰に溜まり、
皮下にしみ出してきてむくみが生じる。
肥満性浮腫
肥満であまり歩かないために静脈ポンプが働かなかったり、
脂肪で物理的に静脈を圧迫することで、
血液の流れが悪くなり、浮腫を生じる。

血液内分泌代謝の病気
脚気(かっけ)
むくみ、全身倦怠感、動悸、息切れ、手足のしびれ、
足の腱などの反射低下、手指や足先がしびれて知覚が鈍くなる。
慢性甲状腺炎
甲状腺の表面が硬く、ごつごつと腫れる。
倦怠感、気力の低下、手足のむくみ、冷え、便秘、
皮膚のかさつき、会話が遅くなるなど。
甲状腺機能低下症
むくみが現れる。倦怠感、気力の低下。
動作が鈍くなる。便秘、塞がりなども。

消化器の病気

たんぱく質漏出性胃腸症
顔面や下腿に多いむくみ。重症になると腹水や胸水をともなう。
肝硬変
肝硬変の初期はだるさや食欲不振程度で自覚症状はない。
進行すると黄疸、クモが手足を広げたような紅斑、腹水、
むくみ、手のひらが赤くなる。
皮下出血や鼻血、男性でも乳房が大きくなる。

泌尿器の病気

ネフローゼ症候群
多量のたんぱく質を含んだ尿、
血液中のたんぱく質濃度の低下と脂質の増加、
それに伴い、全身のむくみがみられる。
急性腎炎症候群
むくみ、高血圧、血尿が三大症状。
これにタンパク尿も含まれる。急激に発症する。
見た目にわかる赤い血尿がみられることも。
風邪などのあとに起こることが多い。
慢性腎炎症候群
むくみ、高血圧とともに、たんぱく尿や血尿が持続的にある。
徐々に腎機能が低下する。