加齢黄斑変性症の手術へ

そして1914年5月14日

大量出血の左眼球の血を取り除く手術へ

どのくらいかかったかは分からないが、終了。

これから1週間下向き(うつ伏せ)の治療へ

寝ているしかないわけで

こんなに大変な経験は初めて


トイレも食事も寝る時も下向き

なんでこんなに・・・・

眼底剥離の危険性があるということで

こうなってしまったわけ

 

1週間の下向き、うつぶせは想像を絶する。

【加齢黄斑変性症の治療】

脈絡膜新生血管の増殖を抑制。

視力改善・維持に良好な成績
その治療薬は、脈絡膜新生血管の成長を活性化するVEGFという物質の働きを抑えます。

この薬剤(VEGF抗体)を眼内に注射することにより、新生血管の増殖や成長を抑制したり進行をゆるめ、視力の改善や維持に良好な成績を上げています。

従来はPDT(光線力学的療法)といって、特定の光に反応する薬剤を体内に注入し、レーザーを当て新生血管を破壊する方法が主流でしたが、現在、「ルセンティス」や「アイリーア」などの薬剤が発売されており、この薬剤での治療が主流となっております。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中