糖尿病の食事

食事療法のすすめ方 腎臓病の食事
腎臓とは
食事療法の目的
食事療法のポイント
食事療法の基本 疾患別食事療法 食事療法の実際
食事療法のポイント

1 食事療法の基本
食事療法の基本は腎臓の働きや病気の症状に応じて医師からたんぱく質、エネルギー、食塩、水分、カリウム等についての摂取量の指示がだされますので、指示にあった食事をします。
(1)たんぱく質はとりすぎないようにしましょう

たんぱく質を多くとりすぎると、腎臓からしか排泄されない尿素窒素やクレアチニン等が多くなり腎臓への大きな負担になります。
たんぱく質は魚や肉だけではなく、ご飯、パン、芋類、果物、野菜などにも含まれていますので注意しましょう。
1日の指示されたたんぱく質量をいろいろな食品からとりましょう。
(2)エネルギーは十分にとりましょう

たんぱく質が体内で有効に利用されるよう、エネルギーは不足しないようにしましょう。また、エネルギーが不足しますと、身体中のたんぱく質が分解されエネルギー源になり(これを異化作用といいます)、体内の尿素窒素が増えるため、たんぱく質を多く食べたことと同じ状態になり、たんぱく質を制限する意味がなくなります。
たんぱく質が含まれない砂糖・でんぷん等や油類を上手に使用しましょう。
甘い和菓子や洋菓子はエネルギーアップになりますが、たんぱく質も多く含まれていますので気をつけましょう。
サラダ油、マヨネーズ、ドレッシング等の油類は少量で高カロリーがとれます。
(3)食塩は控えましょう

腎臓でのナトリウムを排泄する能力が落ちていますので、食塩は控えましょう。特に高血圧の方は食塩の制限が必要となります。
高血圧症の食事のページへ

加工食品(ハム、ソーセージ等)や練り製品(はんぺんやかまぼこ等)はできるだけ控えましょう。
食品中に含まれる食塩量のページへ
漬け物、佃煮、干物はやめましょう。
みそ汁等の汁物は半量にするか又は飲まないようにしましょう。
レモンや酢等の酸味の利用により減塩でもおいしく食べられる工夫をしましょう。
(4)カリウムの制限をする場合

腎機能が低下して血液中のカリウム量が多くなり過ぎたとき、カリウム制限の指示がでる場合があります。
カリウムはあらゆる食品に含まれています。たんぱく質を減らすことによりカリウムも減らすことができます。
生果物は通常の半量にするか果物の缶詰にしましょう。特にバナナ、メロン、キウイフルーツはカリウムが多いため注意しましょう。なお、缶詰のシロップは飲まないようにしましょう。
カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。
茹でた場合に除去できるカリウム量は、その種類や調理するときの形状、水の量、処理時間によっても異なります。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの未熟豆類で約30%除去できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、搾るようにすると、より多く除去できます。
水にさらした場合も、茹でた時と同様に種類や切り方で相違が見られますが、玉ねぎなどの根菜類はカリウムの約40%が除去できます。
海藻類はカリウムが多く含まれていますので、一度に多量にとることは控えましょう。
(5)水分の制限をする場合

症状によっては水分の制限が必要になります。
飲む水分量を計量しましょう。
料理の水分も考慮しますので、水気を切って食べるようにしましょう。
極端な水分制限は腎臓を流れる血液量が減少し、働きが落ちるため指示量は摂取しましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中