ダイエット―たべても太らない時間帯とは

食べても太らない時間帯は午後3時!無理&我慢をしないダイエット術
頑張ってもなかなか痩せられない。食欲が抑えられない。ダイエットには悩みが尽きません。実は、食べても太らない時間帯があるのは知っていましたか?
美BEAUTE みんなの記事 美BEAUTE みんなの記事
Facebook Twitter LINE pocket
食べても太らない時間帯

なかなか痩せられなくて困っている人には、とっても嬉しいことに、《食べても太らない時間帯》というものがあります。その時間帯は、ずばり午後3時、おやつの時間とよく言われる時間です。この時間帯は、生理学的にも食べた物が最も脂肪になりづらい時間帯だそうです。
お菓子が大好きすぎてやめられない… その原因と対策とは?
美肌に!ダイエットに!ローズヒップティーは美容効果抜群だった!
なぜ午後は太りづらいのか?

人は眠っている間は、副交感神経が優位で、目覚めると交感神経に切り替わり、体温の上昇が始まります。交感神経は、脂肪を燃焼させる働きがあり、副交感神経は、脂肪を溜め込む働きがあります。
したがって、交感神経が活発な時に食べれば、脂肪になりづらいので、朝食や昼食は、沢山食べてもOKなのです。
上昇していった体温は、夕方あたりに最高潮に達し、少しずつ副交感神経に切り替わって行きます。この時間帯がだいたい夕食時。なので、夕食を沢山食べることは、脂肪を溜め込みやすくなるのです。
もし、沢山食べたい、甘い物や脂っこいものも抑えられない、という欲求があるのならば、朝食や昼食、3時のおやつの時間に持ってくるとよいでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中